スピード退職.com

あなたの退職をスピード代行! 弁護士が代行するので安心・安全 ※弁護士以外の退職代行は違法です。ご注意下さい。 あなたの退職をスピード代行! 弁護士が代行するので安心・安全 ※弁護士以外の退職代行は違法です。ご注意下さい。

今すぐ退職代行を依頼したい方はこちら

『弁護士による退職代行』のメリット

  1. 出社せずに辞められます
    弁護士があなたに代わって退職の届出・手続をすべて行いますので、出社したり上司に会ったりする必要はありません。(※)
  2. すぐに退職できます
    ほとんどの方は、料金支払後、当日・翌日の退職が可能です。(※)
    夜間や休日でも、可能な限り対応しております。
  3. 弁護士が行うから安心
    法律の専門家である弁護士が退職代行を行うので、安心・安全に会社を辞められます。
  4. 全国対応
    会社やお住まいがどちらでも全国対応が可能です。

※ 退職代行サービスをご利用する方のほとんどは、法的に即日の退職が可能で、出社せずに退職できます。
まれに法的には即日の退職(出社せずに退職)が難しい場合もありますが、即日退職できるかはご依頼・料金支払い前に確認できますし、即日の退職ができない場合でも弁護士が適切にサポートしてくれます。

ご注意弁護士以外の退職代行は違法・危険です。

  • 弁護士以外の退職代行は、弁護士法72条違反の非弁行為です。
    退職の通知を弁護士以外の営利業者が代行することはできません。弁護士以外の業者を利用した場合、会社に弁護士法72条違反を指摘されて、問題になる可能性があります。
  • 弁護士以外の退職代行業者は、労働法について十分な知識がありません。
    十分な法的理解なく、即時退職可能なのか返答を行い、不適切な退職通知等を行うなど、テキトーに退職代行を行っている業者がほとんどです。そのため、あとで問題になる可能性があります。これらの業者のウェブサイトには嘘が書いてあることがあるので、ご注意下さい。
  • 弁護士以外の業者は、会社と法的なトラブルになっても何も対応してくれません。
    その場合、お客様がご自分で対応することになります。

『スピード退職.com』は、テレビ・新聞で話題のスマホアプリ「残業証拠レコーダー」を
提供する
(株)日本リーガルネットワークが運営する安心の弁護士情報サイトです。

※ 退職代行サービスの提供主体は各弁護士又は弁護士法人になります。

今すぐ退職代行を依頼したい方はこちら

ご利用料金の例

フルタイム社員
(パート・アルバイト以外)の方
パート・
アルバイトの方
6万円~(税別) 5万円~(税別)
  • こちらは、退職の通知から書類のやり取りまでを含む料金の例です。個別の案件のご利用料金については各弁護士にお問い合わせください。※ オプションとして内容証明サービスをご利用する場合、追加料金が発生する可能性があります。
    ※ なお、上記の料金は退職代行サービスの料金の例ですので、残業代の請求等をご依頼される場合には、別の依頼として別料金が発生する可能性があります。

退職代行のご相談は無料ですので、お気軽にご相談ください。

退職までのステップの例

1
『スピード退職.com』で弁護士(法律事務所)を選んで、LINE・Eメール・電話でご相談(相談料無料)。
2
弁護士からの説明を受けて依頼する気になったら、LINE・Eメール・電話で正式に退職代行サービスの申込みをしましょう。(必ずしも弁護士事務所に行く必要はありません。)
3
依頼した弁護士に料金をお支払いください。
4
お支払後、弁護士が会社に連絡して正式な退職の手続を行います。(ご希望があれば)多くの方は当日・翌日の退職が可能です。その後の書類(離職票、保険証等)のやり取りも、法律事務所が代行します。

鎧橋総合法律事務所

労働問題に精通する弁護士が、適法かつスピーディーに解決致します。会社とのやり取りはすべて弁護士が行います。過剰な労働やパワハラ、人間関係などでお悩みの方、お身体を壊す前にぜひご相談ください。(全国対応)

LINE@ghn9182t

メールで
問い合わせる
03-6261-6522
(平日10時~20時)
所在地:東京都中央区日本橋小網町10-2 日本橋フジビル5階
所属弁護士:加藤恒也、高田佳匡(第一東京弁護士会)
料金退職代行サービス6万円(税別)。内容証明郵便サービスを追加する場合は総額8万円(税別)。ご料金はいずれも前払い。

浅川倉方法律事務所

「依頼者が安心でき、相談しやすい弁護士事務所」をモットーにしております(土日夜間対応・全国対応)

LINE@xwx5550p

メールで
問い合わせる
03-6505-4521
(平日9時~19時)
所在地:東京都千代田区日比谷公園1-3 市政会館地階
所属弁護士:浅川有三、倉方隆也、梅澤遥(東京弁護士会)
料金退職代行サービス6万円(税別)。内容証明郵便サービスを追加する場合は総額8万円(税別)。ご料金はいずれも前払い。

弁護士法人 浅野総合法律事務所

【土日夜間対応】退職できず不安な方、労働問題を得意とする弁護士に全て任せませんか?(全国対応)

LINE@nio1625k

メールで
問い合わせる
03-6274-8370
(平日8時~23時)
所在地:東京都中央区銀座2丁目10-8 マニエラ銀座ビル9階
所属弁護士:浅野英之(第一東京弁護士会)
料金退職代行サービス6万円(税別)。内容証明郵便サービスを追加する場合は総額8万円(税別)。ご料金はいずれも前払い。

※ 弁護士との委任契約(弁護士へのご依頼)は、退職代行の途中で解除することができますが、お客様の事情で解除となった場合、お支払い頂いたご料金は返金されません。なお、弁護士側の事情で解除となった場合には、お支払い頂いたご料金が返金されます。

法律事務所(弁護士事務所)への相談前に不安のある方は、
『スピード退職.com』に相談
相談は無料です。お気軽にご相談ください!

よくある質問

  • :はい、従業員には会社を辞める権利がありますので、必ず会社を辞めることができます。
    お客様が正社員、契約期間(雇用期間)が決まっていない派遣社員・パート・アルバイトの場合、民法627条1項により会社を辞める権利があります。
    お客様が上記以外(契約社員、期間工、契約期間(雇用期間)が決まっている派遣社員・パート・アルバイト)の場合、適当な理由がある場合には、雇用期間終了前でも民法628条により会社を辞める権利があります。退職代行サービスをご希望の方の場合、会社がブラック企業である等、雇用期間終了前に会社を辞める権利がある場合がほとんどです。
  • :法律に従って会社を辞めていれば、会社に対して損害賠償をする責任などが発生することはありません。これは、法律上確実ですので、ご安心ください。
    『スピード退職.com』は、弁護士による退職代行サービスですので、会社側が「損害賠償請求するぞ」などど言ってきても、適切に反論・対応が可能です。
  • :退職代行を行う弁護士から、会社に対して、「一切の連絡は弁護士を通じて行うように」と伝えますので、会社から弁護士を介さずにお客様に直接連絡が来る可能性はかなり低いです。
    もし、会社から電話が来た場合でも電話に出る必要はありませんし、メールやLINEが来た場合には返信する必要はありません。間違えて電話に出てしまった場合には、「弁護士に任せていますので、弁護士に連絡して下さい」と言って、電話を切ってしまって大丈夫です。
    あまりにしつこく連絡が来る場合には、依頼している弁護士にそのことを伝えれば、適切に対応してくれるでしょう。
  • :はい、弁護士以外の退職代行サービスは、違法・危険です。
    ① 弁護士以外の退職代行は、弁護士法72条違反の非弁行為です。弁護士以外の業者が提供する退職代行サービスを利用した場合、会社側に弁護士法72条違反を指摘されて、問題になる可能性があります。
    ② 弁護士以外の退職代行業者は、労働法について十分な知識がありません。お客様が法律上即時退職することができるのかどうか、適切な退職意思の通知方法等について十分な知識を有していないのにテキトーに退職代行を行っている業者がほとんどです。そのため、後になってから問題になる可能性があります。こういった業者のウェブサイトには嘘が書いてあることがありますので、ご注意下さい。
    ③ 弁護士以外の退職代行業者は、会社と法的なトラブルになっても何も対応してくれません。その場合、お客様がご自分で対応することになります。
  • :嘘です。退職代行サービスを利用する方のほとんどは、法的に即日の退職が可能ですが、まれに、法的には即日の退職が難しい方もいます。 弁護士以外の退職代行業者は、労働法についての何の知識もなく、嘘を書いていることがありますので、ご注意ください。
    法的に即日の退職が難しい方が即日退職をすると、会社から損害賠償責任を追及されるリスクもゼロではありません。
    『スピード退職.com』や当社がご案内している弁護士に連絡いただければ、「あなたが法的に即日退職をできるかどうか」を無料で診断しますので、お気軽にご連絡ください。
  • :退職したことがご両親に伝わらないかが心配である場合、退職代行の依頼時にそのことを弁護士に伝えてください。
    退職代行を行う弁護士から、会社に対して、「退職の事実は個人情報であるから、両親を含めて第三者には伝えないように」と伝えますので、会社からお客様のご両親に連絡が来る可能性は低いです。
  • :はい、法的には残っている有給休暇は消化できます。
    有給休暇が残っている場合、退職代行の依頼時にそのことを弁護士に伝えてもらえれば、弁護士が有給休暇の消化の申請をあなたに代わって行います。
    (ただし、会社が有給休暇分の給与を払わない場合に、会社に対する未払いの給与の請求を弁護士に依頼する際は、退職代行サービスとは別の依頼として料金が発生します。)
  • :弁護士を通じて会社に返却してください。依頼した弁護士事務所に郵送して頂ければ大丈夫です。
  • :最初に退職代行サービスを依頼する際に、弁護士に「離職票がほしい」、「雇用保険被保険者証や年金手帳を会社が管理しているので返却してがほしい」と伝えてもらえれば、弁護士事務所がお客様に代わって会社から離職票等を受け取ります。弁護士事務所からお客様に郵送します。
  • :はい、会社に対して借金があっても、法律上、会社を辞める権利がありますので、退職できます。
  • :はい、退職は可能です。退去の手続についても、弁護士が聞き取りますので、最初に退職代行サービスを依頼する際に、弁護士に「社宅に住んでいるので、退去の流れを聞いてほしい」ことをお伝え下さい。
  • :対応地域に制限はございません。
    全国どこでも対応しておりますので、安心してご相談ください。

今すぐ退職代行を依頼したい方はこちら

お問い合わせ

相談先(必須)

お名前(必須)

メールアドレス(必須)

電話番号(任意)

ご住所(任意)

退職希望日(必須)

お問い合わせ内容(必須)

ページトップへ
TOP