ブラック企業エピソード

2018/07/31

エピソードNO.10 公私混同する社長、仕事でその身内の老人ホーム探し

弊社企画「ブラック企業エピソード募集」にご応募頂いたエピソードをご紹介します。

本エピソードは、一般的なブラック企業のエピソードとして想像されるものとは少し異なった、常軌を逸した仕事内容のエピソードです。

残業の証拠を確保 残業証拠レコーダー 弁護士に相談 残業代・解雇弁護士サーチ

1 投稿者プロフィール

つるまきさん(東京都在住、職業:建設系)

担当業務:経理、当時の年収:100万円

2 エピソード内容

建設業の経理なのですが、秘書みたいなものだからと、社長の身内の老人ホーム探しをさせられた。公私混同が多く、身内の一周忌の遺影の手配や、社長の家族が入院した時のお見舞い介護に買い出し、その家の作物の水やり。拒否すると怒鳴りつけられる。時給分全部使わないと損だと思われている。

3 事務局のコメント

投稿者の方からすると、自分とはまったく関係のない人物の身の周りの世話をさせられるなんてことは、意味が分からなかったに違いないと思います。ここまで人を巻き込んでの公私混同はそうあるものではないと思います。

 

今すぐ残業時間の証拠を確保したい方は残業証拠レコーダーをダウンロード

サービス残業をしているけど、タイムカードなどの労働時間の証拠がない。そんな方にお勧めなのが、スマートフォンにインストールしておくだけで、労働時間の証拠が残せるアプリ残業証拠レコーダーです。いつかは残業代を請求したいという方は、残業証拠レコーダーで証拠を残しておけば、退職後などに残業代を請求できます。残業証拠レコーダーでは、残業代の推計も可能です。
また、残業代を今すぐ請求したいという方は、残業代・解雇弁護士サーチで、労働問題を扱っている弁護士を検索できます。

今すぐアプリをダウンロードして使ってみよう

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

PICK UP CONTENTS