ブラック企業エピソード

2018/08/03

エピソードNO.14 絵にかいたようなブラックコンビニ

弊社企画「ブラック企業エピソード募集」にご応募頂いたエピソードをご紹介します。

オーナーの横暴・店長の怠惰など、勘違いしたイタイ経営者はブラック企業に多く見られます。こちらのエピソードもそのような経営者によるものです。

1 投稿者プロフィール

織香さん(栃木県在住、職業:サービス系)

当時の年収:100万円

2 エピソード内容

コンビニで働いていたが、オーナーと店長はシフトに入っていても事務所から出てこないでスマホゲームかYouTubeを見てる。希望休を出しても入れてもらえない。クリスマスや節分など予約商品のノルマをクリアしないと怒られる。レジでの違算はその時間に入っていた人たちで割り勘。休日に発注のために出勤してもお金がでない。店長のやるはずの仕事を押し付けられる。そもそも店長が時間通りに来ない、来ても事務所でタバコを吸っていて出てこない、そのせいで時間通りに上がれない。契約では10時まで週5回程度の勤務だったのがいつのまにか深夜までやらされ、一週間に一回休みがあればいい方になった。

3 事務局のコメント

絵にかいたようなブラック企業・ブラック経営者です。自分は遊んで仕事はスタッフに丸投げ、責任さえも取らないなど、店長・オーナー失格です。このような経営者にはきちんと罰則を受けてもらいたいと思います。

 

今すぐ残業時間の証拠を確保したい方は残業証拠レコーダーをダウンロード

サービス残業をしているけど、タイムカードなどの労働時間の証拠がない。そんな方にお勧めなのが、スマートフォンにインストールしておくだけで、労働時間の証拠が残せるアプリ残業証拠レコーダーです。いつかは残業代を請求したいという方は、残業証拠レコーダーで証拠を残しておけば、退職後などに残業代を請求できます。残業証拠レコーダーでは、残業代の推計も可能です。
また、残業代を今すぐ請求したいという方は、残業代・解雇弁護士サーチで、労働問題を扱っている弁護士を検索できます。

今すぐアプリをダウンロードして使ってみよう

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

PICK UP CONTENTS