ブラック企業エピソード

2018/08/06

エピソードNO.15 支払給与を減らすため、工夫を凝らすブラック企業

弊社企画「ブラック企業エピソード募集」にご応募頂いたエピソードをご紹介します。

残業の証拠を確保 残業証拠レコーダー 弁護士に相談 残業代・解雇弁護士サーチ

ブラック企業では、いかに残業代を見えにくくするか、様々な悪しき工夫がされています。今回のエピソードは端的にそれを感じることができます。

1 投稿者プロフィール

あああああさみさん(鹿児島県在住)

2 エピソード内容

入社し、研修期間は時給制。残業代は多少出ていたが、正社員になるや否や、出勤簿がマルバツ方式に。出勤したらマル。お休みの日はバツ。ただし、遅刻や、遅延は記入される。ボーナスはなし。

3 事務局のコメント

遅刻・遅延・欠勤など給与を減額する部分のみが大切で、残業代や手当・ボーナスなど社員の努力に報いる方面に目がいかない、ひどい企業のようです。雇用形態にかかわらず、社員の働きを正当に評価する事は企業の義務だと分かっていただきたいものです。

 

今すぐ残業時間の証拠を確保したい方は残業証拠レコーダーをダウンロード

サービス残業をしているけど、タイムカードなどの労働時間の証拠がない。そんな方にお勧めなのが、スマートフォンにインストールしておくだけで、労働時間の証拠が残せるアプリ残業証拠レコーダーです。いつかは残業代を請求したいという方は、残業証拠レコーダーで証拠を残しておけば、退職後などに残業代を請求できます。残業証拠レコーダーでは、残業代の推計も可能です。
また、残業代を今すぐ請求したいという方は、残業代・解雇弁護士サーチで、労働問題を扱っている弁護士を検索できます。

今すぐアプリをダウンロードして使ってみよう

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

PICK UP CONTENTS