ブラック企業エピソード

2018/08/12

エピソードNO.20 ぎっくり腰でも出社命令。片道2時間を杖で通勤させるブラック企業

弊社企画「ブラック企業エピソード募集」にご応募頂いたエピソードをご紹介します。

ブラック企業といえば、社員を大切にしないもの。こちらは、その典型的なエピソードです。

残業の証拠を確保 残業証拠レコーダー 弁護士に相談 残業代・解雇弁護士サーチ

1 投稿者プロフィール

kudryavkaさん(東京都在住)

2 エピソード内容

人件費や設備費を最大限にケチっていた昔の会社。粗末な椅子で腰を痛め、そのままぎっくり腰になってしまったのですが、驚いたのはその翌日。ぎっくり腰を理由に全休を取ろうとしたところ、まさかの出社命令。急ぎ家内に100均で杖を買ってきてもらい、おばぁちゃんよろしく90度の角度で片道二時間の距離を杖をつきながら出社。通勤中、席や道を譲ってくれる名前も知らない方々の親切心に涙の滲む思いでした。

3 事務局のコメント

社員に対する意識の低さを感じるエピソードです。投稿者の方も、出社する理由が分からなかったことでしょう。社員を大切にしない企業には、その報いを受けてもらいたいものです。

 

今すぐ残業時間の証拠を確保したい方は残業証拠レコーダーをダウンロード

サービス残業をしているけど、タイムカードなどの労働時間の証拠がない。そんな方にお勧めなのが、スマートフォンにインストールしておくだけで、労働時間の証拠が残せるアプリ残業証拠レコーダーです。いつかは残業代を請求したいという方は、残業証拠レコーダーで証拠を残しておけば、退職後などに残業代を請求できます。残業証拠レコーダーでは、残業代の推計も可能です。
また、残業代を今すぐ請求したいという方は、残業代・解雇弁護士サーチで、労働問題を扱っている弁護士を検索できます。

今すぐアプリをダウンロードして使ってみよう

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

PICK UP CONTENTS