ブラック企業エピソード

2018/08/21

エピソードNO.25 「朝、俺が確認するから」と深夜残業を強要する上司

弊社企画「ブラック企業エピソード募集」にご応募頂いたエピソードをご紹介します。

残業の証拠を確保 残業証拠レコーダー 弁護士に相談 残業代・解雇弁護士サーチ

「明日の朝までに」という締切は仕事でよく出てきますが、本エピソードのような場合はパワハラと呼んでも良いかもしれません。

1 投稿者プロフィール

T.Uさん(熊本県在住)

2 エピソード内容

「今日回った客先に直筆礼状を全て今日中に出せ。明朝のミーティングで内容を俺が確認する。」と指示を受けた。何十枚もまとめて敬具まで書いた後、最後に日付と名前を書いていた。書き終わった後に気付いた。日付は2時間前に変わっていたことに。

3 事務局のコメント

営業職などで礼状のスピードや手書きなどへのこだわりを伺うことはありますが、上司はそこまでさせる必要があったのでしょうか。深夜残業に伴う心身への影響が心配されます。

 

今すぐ残業時間の証拠を確保したい方は残業証拠レコーダーをダウンロード

サービス残業をしているけど、タイムカードなどの労働時間の証拠がない。そんな方にお勧めなのが、スマートフォンにインストールしておくだけで、労働時間の証拠が残せるアプリ残業証拠レコーダーです。いつかは残業代を請求したいという方は、残業証拠レコーダーで証拠を残しておけば、退職後などに残業代を請求できます。残業証拠レコーダーでは、残業代の推計も可能です。
また、残業代を今すぐ請求したいという方は、残業代・解雇弁護士サーチで、労働問題を扱っている弁護士を検索できます。

今すぐアプリをダウンロードして使ってみよう

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

PICK UP CONTENTS