ブラック企業エピソード

2018/08/29

エピソードNO.32 勝手に私の名前を使って虚偽申告や不正行為

弊社企画「ブラック企業エピソード募集」にご応募頂いたエピソードをご紹介します。

1 投稿者プロフィール

社畜万歳さん(大阪府在住)

2 エピソード内容

組合設立時、オーナーの虚偽申告・不正行為を、私の名前を勝手に使い申請。入管等に発覚した際には私のせいにして誤魔化す(入管には公益通報者として報告したので助かりました)。その後、外国人技能実習生が不正行為を組合が行った為に入国不可になった際、技能実習生には私が不正を働き、死亡したとして誤魔化してました。企業には私が不正を働き失踪したとしてました(入管担当者に説明してもらい、疑惑を証明してもらいました)。現在、未払いが1年分。訴訟してますが、オーナーはカンボジアの娘のところに逃げてます。

 

今すぐ残業時間の証拠を確保したい方は残業証拠レコーダーをダウンロード

サービス残業をしているけど、タイムカードなどの労働時間の証拠がない。そんな方にお勧めなのが、スマートフォンにインストールしておくだけで、労働時間の証拠が残せるアプリ残業証拠レコーダーです。いつかは残業代を請求したいという方は、残業証拠レコーダーで証拠を残しておけば、退職後などに残業代を請求できます。残業証拠レコーダーでは、残業代の推計も可能です。
また、残業代を今すぐ請求したいという方は、残業代・解雇弁護士サーチで、労働問題を扱っている弁護士を検索できます。

今すぐアプリをダウンロードして使ってみよう

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

PICK UP CONTENTS