ブラック企業エピソード

2018/09/07

エピソードNO.37 散々な扱いに加え、学校を休んでシフトに入れとまで言ってくるオーナー

弊社企画「ブラック企業エピソード募集」にご応募頂いたエピソードをご紹介します。

1 投稿者プロフィール

TKさん(神奈川県在住 業種:小売業)

2 エピソード内容

今ではコンビニ御三家と言われるA社。高校時代は部活一筋だったので、引退後にアルバイトでもと思って近所に出来たお店に面接行き、採用されました。

直営店でなく、夫婦でのフランチャイズ店でしたが、最初の方は未成年なので深夜は駄目との事で朝番に。ところが次第に「今から夜勤入って」とか夜中1時位に電話(当時携帯はなく両親もいる自宅に)あり、無理矢理出勤させられそのまま夕方まで。更に「3時間後にまた深夜入ってね」と。もちろんイレギュラーシフト。学校の授業があるのに「学校行かなくて良いから」とか「シフト協力出来ない人はいらない」とか。若かったし、働くのって大変だと思って我慢してました。

しかし、どんなに働いても給料があからさまに少ない。4万円ちょい。契約書など問い詰めると「実家お金持ちだよね?別にいいじゃん」と!レジが合わなければ自腹。中には4万円払わされたバイトも。

ある時、オーナーの機嫌が悪く、髪の長さ(実際は耳に被らない程度)が気に入らないのか「何それ?もう働かなくていい」と。やっと辞めれると思いきや、自宅に押し掛けやっぱ辞めないでと。本当に最悪でしたが、最近、当時の知り合いから、オーナーが自殺されたと聞きました。やはり色んな所で問題があったみたいですね。

今すぐ残業時間の証拠を確保したい方は残業証拠レコーダーをダウンロード

サービス残業をしているけど、タイムカードなどの労働時間の証拠がない。そんな方にお勧めなのが、スマートフォンにインストールしておくだけで、労働時間の証拠が残せるアプリ残業証拠レコーダーです。いつかは残業代を請求したいという方は、残業証拠レコーダーで証拠を残しておけば、退職後などに残業代を請求できます。残業証拠レコーダーでは、残業代の推計も可能です。
また、残業代を今すぐ請求したいという方は、残業代・解雇弁護士サーチで、労働問題を扱っている弁護士を検索できます。

今すぐアプリをダウンロードして使ってみよう

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

PICK UP CONTENTS