ブラック企業エピソード

2018/09/08

エピソードNO.38 36協定を締結しているにもかかわらずそれを平気で破り涼しい顔をしている会社

弊社企画「ブラック企業エピソード募集」にご応募頂いたエピソードをご紹介します。

1 投稿者プロフィール

勇者ああああさん(埼玉県在住)

2 エピソード内容

某電機系企業の子会社及びその出向先にて。時間外労働に関して36協定を結んでいるので月間45時間を建前上超えないようにしている。しかし定時後の19時台または20時台に「夕食休憩」なるものが1時間定められており、その時間は勤務として扱われず残業代も発生しない。従業員は会社で夕食を取るよりも仕事を終わらせて帰りたいので、「夕食休憩」中に休憩する者はいない。実質サービス残業時間と化しており、65時間時間外労働をした際にようやく記録上の時間外労働時間が45時間になるので、会社としてはコンプライアンスを遵守している事になっていた。

 

今すぐ残業時間の証拠を確保したい方は残業証拠レコーダーをダウンロード

サービス残業をしているけど、タイムカードなどの労働時間の証拠がない。そんな方にお勧めなのが、スマートフォンにインストールしておくだけで、労働時間の証拠が残せるアプリ残業証拠レコーダーです。いつかは残業代を請求したいという方は、残業証拠レコーダーで証拠を残しておけば、退職後などに残業代を請求できます。残業証拠レコーダーでは、残業代の推計も可能です。
また、残業代を今すぐ請求したいという方は、残業代・解雇弁護士サーチで、労働問題を扱っている弁護士を検索できます。

今すぐアプリをダウンロードして使ってみよう

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

PICK UP CONTENTS