ブラック企業エピソード

2018/09/12

エピソードNO.41ブラック企業と言われるような点のオンパレードな職場

弊社企画「ブラック企業エピソード募集」にご応募頂いたエピソードをご紹介します。

1 投稿者プロフィール

いくらたそさん(神奈川県在住)

年収:250万円

2 エピソード内容

・隔週土曜出勤
・手取り16万程度
・営業兼作業員。何故かスーツのまま配線作業等行う。床に膝をついての作業が基本発生する
・職業柄金曜の夕方から土日にかけた作業が多くなるが、営業だからという理由でサービス残業
・たとえ半年以上前から休み希望を出していても現場があれば出勤
・振休はグレーゾーンらしい
・常駐組になるも常駐先に行く前に会社へタイムカードを押しに1度顔を出す
・常駐先の定時後に会社へ戻り日報とタイムカードを押す
・出勤は9時、常駐先は8時40分ため8時には会社を出るが早出・残業手当なし
・週に1度会議があるが定時後18時30分から。残業手当なし
・営業部は営業手当があるため残業を付けれない
・今の部署に来る前、作業員として勤務していたが、19時からは休憩時間らしく作業を行っていても残業申請20時からしか付けられない
・残業付けれる条件がお客先で作業を行っていた場合のみ。社内で事務処理をしていても残業申請できない
・タイムカードと日報を出していても残業代が出る訳では無いので書く意味がない

 

今すぐ残業時間の証拠を確保したい方は残業証拠レコーダーをダウンロード

サービス残業をしているけど、タイムカードなどの労働時間の証拠がない。そんな方にお勧めなのが、スマートフォンにインストールしておくだけで、労働時間の証拠が残せるアプリ残業証拠レコーダーです。いつかは残業代を請求したいという方は、残業証拠レコーダーで証拠を残しておけば、退職後などに残業代を請求できます。残業証拠レコーダーでは、残業代の推計も可能です。
また、残業代を今すぐ請求したいという方は、残業代・解雇弁護士サーチで、労働問題を扱っている弁護士を検索できます。

今すぐアプリをダウンロードして使ってみよう

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

PICK UP CONTENTS