ブラック企業エピソード

2018/10/23

エピソードNO.71 暴言ばかり吐く上司、会社が注意喚起をするも今度は完全なる無視

弊社企画「ブラック企業エピソード募集」にご応募頂いたエピソードをご紹介します。

1 投稿者プロフィール

Rさん(福島県在住)

2 エピソード内容

自販機の補充の仕事で入社しました。2ヶ月は先輩と同行して仕事を覚えていき、その後1週間は上司と同行しなければいけないのですが、その上司がとにかくひどいパワハラ上司でした。

まず45歳くらいにして言葉遣いがひどく、ぶっ殺すとか平気で言う人でした。おめーちゃんと引き継いだのかよとか、この1週間地獄見せてやるとか言われて、この会社はこんな人を平気で置いておくのかと思いました。何か少し間違えれば舌打ちされ、全然覚えてねーだろおめーとか言われ、もうその時点で仕事がまともにできませんでした。移動の時も、道を間違えると、今すぐ曲がれ!と大きい声で怒鳴られ、事故を起こしそうになりました。その1週間はとにかく毎日がつらかったのを覚えています。

1人で回るようになってからも、会社に帰ってからは常に同じ話や、説教をいわれていました。すでにまともじゃないのですが、周りの人も、それを見て見ぬふりをするのが不思議でした。みんなの前で、お前ムカつくんだよとか、お前なんていつでも潰せるんだからなとか言っていました。

半年たって、ストレスチェックというのがあり、結果が面談が必要とのことだったので、受けることにしました。そこで外部のカウンセラーの方に話したところ、部署を変えてもらうように書いておくと言われたので期待していました。結局2ヶ月くらい経ってもなにもかわらなかったので、その上司のさらに上の上司に、もう限界ですと伝えました。そしたら、そんな思いで仕事させてごめんなと謝ってもらいました。こっちからこういう相談があったと伝えるといういわれ、それからその上司は言葉使いは気を使うようになったのですが、次は自分を完全無視するようになりました。年末年始のとき、明けましておめでとうございます今年もよろしくお願いしますといってもシカトされました。こっちだって言うのはすごく嫌でしたが、社会人として挨拶はしなくてはと思っていたのに、もうすごい嫌な気分になりました。

先輩などに話を聞くと、その上司は今までに俺みたいにターゲットにされる人は必ずいたと言っていました。そして何人もやめていったと言っていました。周りの人もなにも気にしないのは、もうそういう人だと諦めているのか、慣れているのか分かりませんが、関わらないようにしてるのだと思いました。最近やめたばかりで、今もつらいです。

 

今すぐ残業時間の証拠を確保したい方は残業証拠レコーダーをダウンロード

サービス残業をしているけど、タイムカードなどの労働時間の証拠がない。そんな方にお勧めなのが、スマートフォンにインストールしておくだけで、労働時間の証拠が残せるアプリ残業証拠レコーダーです。いつかは残業代を請求したいという方は、残業証拠レコーダーで証拠を残しておけば、退職後などに残業代を請求できます。残業証拠レコーダーでは、残業代の推計も可能です。
また、残業代を今すぐ請求したいという方は、残業代・解雇弁護士サーチで、労働問題を扱っている弁護士を検索できます。

今すぐアプリをダウンロードして使ってみよう

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

PICK UP CONTENTS