ブラック企業エピソード

2018/11/14

エピソードNO.81 離婚率が8割、離職率は4割。平均残業時間は150〜200時間。

弊社企画「ブラック企業エピソード募集」にご応募頂いたエピソードをご紹介します。

残業の証拠を確保 残業証拠レコーダー 弁護士に相談 残業代・解雇弁護士サーチ

1 投稿者プロフィール

かず兄さん(東京都在住)

2 エピソード内容

大学卒業後、新卒で五年勤めました。
・配属は福岡、大阪、東京のどれかと言われていたが直前に京都配属になった。
・配属された初日に所長に呼ばれ、「いいか、この会社には有給という言葉はないと思えよ☆」と明るくハッキリと言われ、素直だった自分は「わかりました!」と一言。
・「水曜日までに体力を残すな」という謎のモットーがあり、月曜から深夜3時まで飲みに行く営業チーム。
・離婚率が8割、離職率が4割くらい。
・残業申請用紙は部署名、名前、業務内容はボールペンで書いてね、でも勤務時間は鉛筆で書いてねと事務員に言われる。
・月平均150〜200時間残業くらい、最高29連勤、百貨店内の現場監督なので朝8時まで立会い、満喫でシャワーを浴び、朝9:30に出社。
・そもそも会社にシャワー室と仮眠室が完備。
・社長が公安委員の1人で、お咎めが入らない。
・部長が普通に転職する。
・上司が「早く転職したほうがいいよと勧めて来る」
・同期5人いて残ったのは恐らく1人だけ、私は辞めた。
・でも働いていた人達は皆いい人だった、5年間の激務と波乱の日々に感謝している。

今すぐ残業時間の証拠を確保したい方は残業証拠レコーダーをダウンロード

サービス残業をしているけど、タイムカードなどの労働時間の証拠がない。そんな方にお勧めなのが、スマートフォンにインストールしておくだけで、労働時間の証拠が残せるアプリ残業証拠レコーダーです。いつかは残業代を請求したいという方は、残業証拠レコーダーで証拠を残しておけば、退職後などに残業代を請求できます。残業証拠レコーダーでは、残業代の推計も可能です。
また、残業代を今すぐ請求したいという方は、残業代・解雇弁護士サーチで、労働問題を扱っている弁護士を検索できます。

今すぐアプリをダウンロードして使ってみよう

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

PICK UP CONTENTS