ブラック企業エピソード

2019/01/08

エピソードNO.102 数日とはいえ出勤したのに給料なし…

弊社企画「ブラック企業エピソード募集」にご応募頂いたエピソードをご紹介します。

残業の証拠を確保 残業証拠レコーダー 弁護士に相談 残業代・解雇弁護士サーチ

1 投稿者プロフィール

merveilleさん(千葉県在住)

2 エピソード内容

入社して1ヶ月が立ちます。まず1つめ。面接時、言われていた給料と、実際の金額に数万円の差があり、面接官に確認したところ「●万円?自分はそんな事は言っていない。スタートは全員▲万円だと言っている。もし言っていたとしたらそれは残業込の金額だろう」と言われました。こちらは、絶対に●万円としか聞いておらず、「残業込で」「スタートは」などという話は単語ですら聞いていません。2つめ。28日の時点で残業時間は40時間。月末締めなので50時間にはならないかと思うけれど、繁忙期の冬は月8日間の休みから何日か買取りの上60時間にもなる人がいると聞き、正直恐ろしいです。3つめ。先月、数日間とはいえ出社した給料は支払われておらず明細もなし。人事に確認したら、支払忘れが発覚。最近、人事で担当が変わったらしく、保険料等がなんの連絡もなく2ヶ月分引かれているなどその他杜撰な給料の管理が私の他にも何件もあるそうです。余談ですが、健康保険証も届いておりません。病院に行きたいのに、給料は入らず、実費で払うお金が無い為行けないので、具合は悪くなる一方です。4つ目。社員同士が悪口、貶し合い、嫌味ばかり。入ったばかりの私から見れば、体や心の障害のあるパートさんを散々こき使っている上に、本人がいない所で馬鹿にしていたり、あいつは役に立たないなどと言っていたり…気分が悪いです。他にも、あの人はあーだ、この人はこーだと、いずれ私も言われるのだと思うとうんざりです。 5つ目。研修無しにいきなり現場!テキストはもちろんなく、この業界でのマナーやルール、専門の道具や用語の説明もなしに現場現場現場! 私のエピソードでは、まだまだ甘いのかも知れませんが、来月に(もらえるかわからないけど)給与明細を確認し、退社するか決めようと思っています。

今すぐ残業時間の証拠を確保したい方は残業証拠レコーダーをダウンロード

サービス残業をしているけど、タイムカードなどの労働時間の証拠がない。そんな方にお勧めなのが、スマートフォンにインストールしておくだけで、労働時間の証拠が残せるアプリ残業証拠レコーダーです。いつかは残業代を請求したいという方は、残業証拠レコーダーで証拠を残しておけば、退職後などに残業代を請求できます。残業証拠レコーダーでは、残業代の推計も可能です。
また、残業代を今すぐ請求したいという方は、残業代・解雇弁護士サーチで、労働問題を扱っている弁護士を検索できます。

今すぐアプリをダウンロードして使ってみよう

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

PICK UP CONTENTS