ブラック企業エピソード

2019/01/09

エピソードNO.103 ケチケチするがために、非効率的で逆に割高な事をする職場

弊社企画「ブラック企業エピソード募集」にご応募頂いたエピソードをご紹介します。

残業の証拠を確保 残業証拠レコーダー 弁護士に相談 残業代・解雇弁護士サーチ

1 投稿者プロフィール

サイドワインダーさん(東京都在住)

2 エピソード内容

うちの会社は経費にすごく細かいので、困ることがあります。

コピー機が複数あるのですが、契約の関係上コピーにかかる費用が異なっており、高い方(といっても1枚につき1円2円の話です)を使うと注意されてしまいます。座席との距離は安い方が遠く、印刷のたびに取りに行く時間を考えると逆に割高なんですが。

しかし、一番驚いたのは入社直後です。経費の締め日の関係上、入社から最初の締め日までがものすごく近いのですが、初めて給与明細をもらい愕然としました。家賃補助が契約時に聞いていた金額よりもはるかに少なかったんです。確認すると、営業日換算で日割りとのこと。

入社のために遠方から、それも前の月から引っ越して準備を進めていた新入社員としてはこの出費はかなり痛かったです。

今すぐ残業時間の証拠を確保したい方は残業証拠レコーダーをダウンロード

サービス残業をしているけど、タイムカードなどの労働時間の証拠がない。そんな方にお勧めなのが、スマートフォンにインストールしておくだけで、労働時間の証拠が残せるアプリ残業証拠レコーダーです。いつかは残業代を請求したいという方は、残業証拠レコーダーで証拠を残しておけば、退職後などに残業代を請求できます。残業証拠レコーダーでは、残業代の推計も可能です。
また、残業代を今すぐ請求したいという方は、残業代・解雇弁護士サーチで、労働問題を扱っている弁護士を検索できます。

今すぐアプリをダウンロードして使ってみよう

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

PICK UP CONTENTS