ブラック企業エピソード

2019/01/22

エピソードNO.107 新幹線で移動する距離なのに結婚式に出席した後、戻って仕事させる会社

弊社企画「ブラック企業エピソード募集」にご応募頂いたエピソードをご紹介します。

残業の証拠を確保 残業証拠レコーダー 弁護士に相談 残業代・解雇弁護士サーチ

1 投稿者プロフィール

KYさん(神奈川県在住)

2 エピソード内容

塾業界で、定時は昼〜夜。冠婚葬祭で有給を申請したところ、「誰が代わりに仕事するの?」と言われ申請を拒否。そして新幹線の距離なのに行事の後戻って仕事させられ、定時後深夜に再び会場に戻るということをさせられた。スタッフは事業所に1人しかいないため、行かないとアルバイトスタッフやお客様に迷惑がかかるのでそうせざるをえなかった。もちろん新幹線代は自腹で上司から謝罪や労いの言葉はなし。あげく定時でタイムカードを切ると「帰るの早くないか」などと言われた。 「体調崩したので病院に行ってから仕事に行く」と言えば「妊娠したの?」などとセクハラも当たり前にあった。 また全体の営業成績が悪いと犯人探しが始まり、ノルマの数関係なし(地域によりノルマは変わる)に改善や反省を要求され、酷い時には休日出勤や早出を強要された。

今すぐ残業時間の証拠を確保したい方は残業証拠レコーダーをダウンロード

サービス残業をしているけど、タイムカードなどの労働時間の証拠がない。そんな方にお勧めなのが、スマートフォンにインストールしておくだけで、労働時間の証拠が残せるアプリ残業証拠レコーダーです。いつかは残業代を請求したいという方は、残業証拠レコーダーで証拠を残しておけば、退職後などに残業代を請求できます。残業証拠レコーダーでは、残業代の推計も可能です。
また、残業代を今すぐ請求したいという方は、残業代・解雇弁護士サーチで、労働問題を扱っている弁護士を検索できます。

今すぐアプリをダウンロードして使ってみよう

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

PICK UP CONTENTS