ブラック企業エピソード

2019/02/06

エピソードNO.118 無理やり依頼退職に持っていく会社

弊社企画「ブラック企業エピソード募集」にご応募頂いたエピソードをご紹介します。

残業の証拠を確保 残業証拠レコーダー 弁護士に相談 残業代・解雇弁護士サーチ

1 投稿者プロフィール

転職したよさん(兵庫県在住)

2 エピソード内容

SI企業のエピソードです。

産休、育休制度はありますが、私が在籍していた当時は取得者はいませんでした。
妊娠すると会社を退職する方向に持っていきます。
しかもそれを社員側からの依願退職に持っていく徹底ぶりでした。

退職時に有給休暇を消化することも拒んできます。
産休、育休と同じで、休んでいる奴に給与は払えないと言われました。
社員の権利よりも、ワンマン社長(会長)の方針が優先されます。

ボーナスについても満額支給されることはなく、寸志(10万程度)を頂くのみです。
当時は出るだけマシと思っていました。井の中の蛙なので、何が普通か教わることはありません。
そんな社員に対して社長は、支給日にわざわざ全員を本社に集めます。
慣例でしたが、部署毎に社長へお礼の挨拶をすることを強要されました。

プロパー社員の給与は低く、中途採用の給与は高いです。
私に中途採用の部下はつきましたが、その人間の方が給与が高いと知り、当時は愕然としました。
仕事面では、人間関係で気に入られた奴は出世が早かったり、仕事内容でも小手先で誤魔化せる奴が評価されます。
評価制度の充実を謳っていますが、結局はワンマン社長や、そのワンマン社長に気に入られた誤魔化し人間達が同類を評価します。
コツコツやる人間は労働力を搾取されるだけでした。
転職した途端、評価されることしかありませんでした。
今では当時の年収の倍ほどになりますし、役職者です。
いかに評価制度が酷いかは、転職してからの方がハッキリ分かります。

課長クラスが売り上げを中抜きしていたことも秘匿し、刑事事件にしていません。
どこまでもブラックな企業です。

今すぐ残業時間の証拠を確保したい方は残業証拠レコーダーをダウンロード

サービス残業をしているけど、タイムカードなどの労働時間の証拠がない。そんな方にお勧めなのが、スマートフォンにインストールしておくだけで、労働時間の証拠が残せるアプリ残業証拠レコーダーです。いつかは残業代を請求したいという方は、残業証拠レコーダーで証拠を残しておけば、退職後などに残業代を請求できます。残業証拠レコーダーでは、残業代の推計も可能です。
また、残業代を今すぐ請求したいという方は、残業代・解雇弁護士サーチで、労働問題を扱っている弁護士を検索できます。

今すぐアプリをダウンロードして使ってみよう

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

PICK UP CONTENTS