ブラック企業エピソード

2019/02/07

エピソードNO.119 詐欺まがいなことで儲ける会社

弊社企画「ブラック企業エピソード募集」にご応募頂いたエピソードをご紹介します。

残業の証拠を確保 残業証拠レコーダー 弁護士に相談 残業代・解雇弁護士サーチ

1 投稿者プロフィール

yasuさん(栃木県在住)

2 エピソード内容

①就業時間
9時から20時(2時間みなし残業)(週休2日)
実際には、9時から22時、たまに早朝会議(ネットテレビ)があり時間が朝6時だったりした。(夜の場合は、22時以降)

②売上(営業成績)
毎月の売上目標(コミットさせられる)がありますが、新入社員でも100万から
社員は、ランクづけされています。(平社員は、5段階、マネージャーが、3段階、あとは、部長以上)
ランクアップするには、売上の継続が必要です。
例えば、平社員からマネージャーになるには、3ヶ月で1800万円
マネージャー以降は、部下の売上で評価されるので、足らなければ、足らない分売上を作らなくては、ならない。
トップクラスの人だと500万以上やる人もいます。
マネージャーで1000万ぐらいの人もいます。
商材は、法人向け(中小企業)の機材などで約20万から100万ぐらい(大きい所では、200〜300万)

コミットした数字にならなければ、休日出勤になります。
連続で未達すると上司などから赤字社員と罵られます

自分がブラックだと思う部分は、就業時間の部分もありますが、売り方が問題だと思います。

流れとして、
まず、テレアポをしてアポを取ります。そこで現状の確認をします。(今、使っている機種などを聞く)
次に提携先の会社に情報収集をします。(信用会社に経営状態などを確認する)
問題なければ、訪問する。

商談する(基本的に即決させる)
その場で書類を作成して判子を押してもらう。

数日後、機材の設置をし、完了

定価価額➕自分の売上希望額で販売します。
(ですから、定価10万の物でも20万にしたり、30万にしたりしています。)
自分の売上は、定価を引いた部分が自分の成績になります。

今すぐ残業時間の証拠を確保したい方は残業証拠レコーダーをダウンロード

サービス残業をしているけど、タイムカードなどの労働時間の証拠がない。そんな方にお勧めなのが、スマートフォンにインストールしておくだけで、労働時間の証拠が残せるアプリ残業証拠レコーダーです。いつかは残業代を請求したいという方は、残業証拠レコーダーで証拠を残しておけば、退職後などに残業代を請求できます。残業証拠レコーダーでは、残業代の推計も可能です。
また、残業代を今すぐ請求したいという方は、残業代・解雇弁護士サーチで、労働問題を扱っている弁護士を検索できます。

今すぐアプリをダウンロードして使ってみよう

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

PICK UP CONTENTS