ブラック企業エピソード

2019/02/17

エピソードNO.126 家族が危篤でも仕事をさせてくる上司

弊社企画「ブラック企業エピソード募集」にご応募頂いたエピソードをご紹介します。

残業の証拠を確保 残業証拠レコーダー 弁護士に相談 残業代・解雇弁護士サーチ

1 投稿者プロフィール

R.Oさん(栃木県在住)

2 エピソード内容

3年前まで勤務していた会社がブラックでした。シフトでの勤務体制だったので、月に7日は休みの契約でしたが、実際には月に2日しか休みが取れない仕事内容。食材の仕分けを行っている最中、上司の男性と女性は二階の物品庫でイチャイチャ。足音がよく響く中でひとり黙々と作業していました。1月の成人の日、休日出勤として会社に来ていた私に、1本の電話が入り「ひいおばあちゃんが危篤」とのこと。私のことを1番かわいがってくれた大好きなひいおばあちゃん。今すぐにでも駆けつけたい気持ちがあり、上司に連絡しました。「少し落ち着いて。仕事どうするの?終わったら帰っていいから。」仕事よりも家族の最期に会いたい気持ちがわからんのか!!!涙で視界がくもっていましたが、冷凍庫での作業で涙も凍り、仕事が終わるころには目が閉じなくなっていました。現在は、上司も優しいホワイト会社に勤めています。辛くて大変な思いをした分、私にとってプラスになっていると思い、頑張れていると感じます。本当に辞められてよかった~。

今すぐ残業時間の証拠を確保したい方は残業証拠レコーダーをダウンロード

サービス残業をしているけど、タイムカードなどの労働時間の証拠がない。そんな方にお勧めなのが、スマートフォンにインストールしておくだけで、労働時間の証拠が残せるアプリ残業証拠レコーダーです。いつかは残業代を請求したいという方は、残業証拠レコーダーで証拠を残しておけば、退職後などに残業代を請求できます。残業証拠レコーダーでは、残業代の推計も可能です。
また、残業代を今すぐ請求したいという方は、残業代・解雇弁護士サーチで、労働問題を扱っている弁護士を検索できます。

今すぐアプリをダウンロードして使ってみよう

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

PICK UP CONTENTS