ブラック企業エピソード

2019/02/28

エピソードNO.129 2回転職して、全部ブラック企業

弊社企画「ブラック企業エピソード募集」にご応募頂いたエピソードをご紹介します。

残業の証拠を確保 残業証拠レコーダー 弁護士に相談 残業代・解雇弁護士サーチ

1 投稿者プロフィール

RHさん(長崎県在住)

2 エピソード内容

今までに2回転職をし、その過去の2回ともブラックと言いますか、労務管理やコンプライアンスなどの数々の違反があるところで仕事をしてきました。 サービス残業はもちろん、タイムカード切ったあとでも上司が帰るまで自分たちも帰れず、自分の仕事も終わりすることがなくてただひたすら待つことが、日常茶飯事でした。 上司や先輩はそれが新入社員の頃から当たり前なので、特におかしいとは思わなかったのか、「最近の子は根性がない」「縦社会をわかってない」と、いつも言っていました。 売れ残りの商品を買い取るのも当たり前でしたし、中には2万、4万するものまでも社員の家族にまで買い取ってもらってました。 出勤時間の15分前に行くのは当たり前でした。(これでも遅い方だと言われてました。) 俺はお前らより早く来て仕事をしていると口にはしませんが、態度で示していました。(イライラしている) 出勤時間と同時に休憩に回されることもあり、そのあとぶっ通しで10時間以上働いてました。 深夜働くのも当たり前で、終わって家に着いてから2時間後には出勤しなくてはならない、シフト状況でした。 フラフラで車を運転して事故を起こしたことがあります。 居眠り運転で免許取り消しになった人もいます。 事故は自分の責任ですが、労災も出ず、労いの言葉や謝罪の一言もなかったのはとても残念というか、死ぬ前にここを辞めようと瞬時に察しました。 パワハラセクハラも当たり前でした。 今では素敵な職場に就くことが出来、接客業の素晴らしさを改めて感じています。

今すぐ残業時間の証拠を確保したい方は残業証拠レコーダーをダウンロード

サービス残業をしているけど、タイムカードなどの労働時間の証拠がない。そんな方にお勧めなのが、スマートフォンにインストールしておくだけで、労働時間の証拠が残せるアプリ残業証拠レコーダーです。いつかは残業代を請求したいという方は、残業証拠レコーダーで証拠を残しておけば、退職後などに残業代を請求できます。残業証拠レコーダーでは、残業代の推計も可能です。
また、残業代を今すぐ請求したいという方は、残業代・解雇弁護士サーチで、労働問題を扱っている弁護士を検索できます。

今すぐアプリをダウンロードして使ってみよう

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

PICK UP CONTENTS