早野南谷綜合法律事務所

南谷泰史弁護士

住所
東京都千代田区九段北3-2-1神戸田中ビル6階
最寄駅
JR市ヶ谷駅、東京メトロ市ヶ谷駅、都営新宿線市ヶ谷駅
受付時間
午前10時~午後8時(平日)、正午~午後5時(土曜)
休日
日曜祝日
電話番号
03-6261-6522
対応地域
埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨
  • 電話相談可能
  • 初回相談料無料
  • 着手金無料有り

料金表

初回相談料 無料(原則1時間まで。労働者からの労働事件のご相談に限ります)
着手金 残業代請求は、無料プランあり(案件の内容によって、利用できない場合もあります)
報酬金 25%~(着手金の額と手続の内容に応じて変動します。)

お話を丁寧にお聞きすること、ご依頼者の立場にたった仕事を心がけております。

残業代について会社の話を安易に信じてはいけません

日本では、明らかな残業代未払い以外にも、実際には残業代を支払う義務が会社にあるにもかかわらず、会社が法律用語を違法な形で使って残業代を支払わず、労働者の方も残業代をもらう権利がないと誤解している場合が多くあります。
例えば、会社が「裁量労働」と言っていても、法律上の要件を満たしておらず残業代を支払う義務がある場合や、「基本給に残業代が含まれているから、いくら残業しても残業代は出ない」といった法的に認められない主張をしている場合があります。

そのため、残業代などの労働問題に関して「おかしい」と感じた場合には、会社の説明をうのみにせず、弁護士に相談することが重要です。

 

ぜひお気軽にご相談ください

普段の生活では、弁護士というのは縁遠い存在かと思います。
しかし、残業代未払いのように、不公正(アンフェア)な対応を受けた場合や法律上のトラブルにあった場合には、弁護士に相談・依頼することで、公正な解決につなげることができます。

なお、弁護士に依頼すると、必ず訴訟になり、解決に長い時間がかかると思っていらっしゃる方もいますが、実際には、弁護士による交渉で解決するケースも多くございます。また、そのような今後の対応方針も含めて、法律相談ではご相談にのりますので、ご安心ください。

労働者の方からの労働問題のご相談は、初回無料で受けておりますので、ぜひご連絡ください。

プロフィール

経歴 東京大学法学部卒
株式会社日本リーガルネットワーク代表取締役兼任
第二東京弁護士会所属
自己PR
その他取扱分野 交通事故、企業法務
言語 日本語、英語

所属事務所情報

所属事務所 早野南谷綜合法律事務所
所在地 東京都千代田区九段北3-2-1神戸田中ビル6階
最寄り駅 JR市ヶ谷駅、東京メトロ市ヶ谷駅、都営新宿線市ヶ谷駅
電話番号 03-6261-6522
営業時間 午前10時~午後8時(平日)、正午~午後5時(土曜)
ホームページ http://m-lawoffice.tokyo/
早野南谷綜合法律事務所