Q7-4 『残レコ』で表示されている先月の残業代の金額より、支給された先月の残業代の方が、大幅に多かったのですが、なぜでしょうか?
A労働時間メモを入力しているのに、『残レコ』で表示される月の残業代の金額より、支給されたその月の残業代の方が大幅に多い場合、可能性が高い理由としては、賃金算定対象期間のずれ(賃金の締め日の違い)があります。
『残レコ』では、各月の残業代は、毎月1日から末日までの労働時間を基に算定しています(締め日が毎月末日)。(フレックスタイム制の方は除きます。)
一方、実際に請求できる各月の残業代の算定対象期間(締め日)は、会社ごとに異なります。
そのため、月ごとでみると、『残レコ』で表示される残業代と実際に請求できる残業代にずれが生じることや、『残レコ』で表示される残業代より支給される残業代の方が多くなることがあります。
もっとも、通常の場合、賃金算定対象期間のずれは「いつ残業代を請求できるか」の差ですので、残業代の総額でみると、『残レコ』で表示される金額は、実際の残業代の金額と相当に近い金額になる場合がほとんどだと思われます。

ただし、時効の関係で、請求できる金額に最大1か月分のずれが生じることがありますので、残業代を請求する際は、事前に弁護士に相談するとよいでしょう。 (残業代の時効について詳しく知りたい方は、Q1-5をご参照ください。)

また、毎月定額の残業手当や深夜労働手当が支給されている場合は、賃金算定対象期間のずれが、残業代の総額に影響する場合があります。 (定額の残業代や深夜労働手当については、Q4-1、Q4-2をご参照ください。)

<おすすめのQ&A>
  1. Q7-1 『残レコ』は、残業代請求の証拠になりますか?
  2. Q7-2 『残レコ』の証拠で、残業代をもらった人はいますか?
  3. Q7-3 「残レコ」で表示されている残業代の金額は、実際に請求できる残業代の金額と完全に同じですか?
  4. Q7-4 『残レコ』で表示されている先月の残業代の金額より、支給された先月の残業代の方が、大幅に多かったのですが、なぜでしょうか?

残業代が出ないはウソ?

簡単な質問に答えるだけで、残業代がでるか、未払い残業代がいくら溜まっているかチェックできます。残業代簡易チェックを使えば、「残業代は出ない」というブラック企業のウソの説明を簡単に見抜くことができます。

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

無料今すぐダウンロード !!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

残業代が出ないはウソ?

簡単な質問に答えるだけで、残業代がでるか、未払い残業代がいくら溜まっているかチェックできます。残業代簡易チェックを使えば、「残業代は出ない」というブラック企業のウソの説明を簡単に見抜くことができます。

今すぐ弁護士に相談したい方・残業代を取得したい方は、
「残業代・解雇弁護士サーチ」で残業代請求・解雇に強い弁護士を検索できます。