Q2-1 『残レコ』以外にも労働時間(残業時間)を証明する証拠を集めておいた方がよいですか。
A『残レコ』の記録だけでも労働時間を証明する証拠になりますが、会社との交渉や労働審判等をより有利に進めるために、『残レコ』以外の証拠も集めておいた方がよいでしょう。

『残レコ』以外の労働時間(残業時間)を証明する証拠としては、例えば、下記のようなものがあります。
・タイムカード
・労働時間が記載されている業務日報
・パソコンの起動・終了時間の記録
・オフィスの入退館記録
・残業時間中に会社のメールアドレスから送信した業務に関するメール
・残業時間中の携帯電話からの発信記録又は業務に関するメール
さらに、証拠としては弱いものの、出退勤時間を記録した手帳なども証拠として利用できる場合があります。

また、会社によっては「会社にはいたが、仕事はしていなかった」という反論をしてくる場合もあります。このような場合、通常は、会社の方が「仕事をしていなかったこと」を示す証拠を提出する必要がありますが、念のため、残業時間中に仕事をしていたことを証明する証拠も集めておいた方がより良いでしょう。
そのような証拠としては、例えば下記のようなものがあります。
・上司からの残業を指示する書類やメール
・残業時間中の業務内容が記載されている業務日報
・残業時間中に送信した業務に関するメール

<おすすめのQ&A>
  1. Q2-1 『残レコ』以外にも労働時間(残業時間)を証明する証拠を集めておいた方がよいですか。
  2. Q2-2 残業代を請求するには、『残レコ』の記録のほかに、どんな資料を保管しておくといいですか?
  3. Q2-3 今から『残レコ』を使用する場合、これまでの労働時間(残業時間)を証明する証拠が手元になければ、これまでの過去分の残業代を請求することはできないのですか?
  4. Q2-4 弁護士に残業代請求を依頼すると、どのような方法で会社に残業代を請求してくれるのですか?残業代を実際に貰えるまで、どのくらいの時間がかかるのですか?
  5. Q2-5 残業代は欲しいけど、自分で会社と交渉するのは気が引けます。どうしたらいいですか?
  6. Q2-6 残業代の請求を弁護士に相談したり、頼んだりすると、いくら位かかるのですか?

残業代が出ないはウソ?

簡単な質問に答えるだけで、残業代がでるか、未払い残業代がいくら溜まっているかチェックできます。残業代簡易チェックを使えば、「残業代は出ない」というブラック企業のウソの説明を簡単に見抜くことができます。

自動で残業時間の証拠を確保し、簡単に未払い残業代を取得することができる!
弁護士が開発した、示談交渉・裁判の証拠として使えるアプリ!

無料今すぐダウンロード !!

  • App Storeからダウンロード
  • Google Playからダウンロード

残業代が出ないはウソ?

簡単な質問に答えるだけで、残業代がでるか、未払い残業代がいくら溜まっているかチェックできます。残業代簡易チェックを使えば、「残業代は出ない」というブラック企業のウソの説明を簡単に見抜くことができます。

今すぐ弁護士に相談したい方・残業代を取得したい方は、
「残業代・解雇弁護士サーチ」で残業代請求・解雇に強い弁護士を検索できます。